決算書の構成要素

決算書を読みこなすには、最初に5つの構成要素を覚える必要があります。会社の規模の業種、業態、大小に関係なく、経理的な視点で会社経営を見るとき、5つの構成要素は欠かせません。

~前の記事~

1.決算書と計算書類と財務諸表

「5つの構成要素」とは、「資産」、「負債」、「純資産」、「収益」、「費用」

  1. 資産
    会社経営のために保有している価値のある「プラスの財産」
  2. 負債
    会社が負っている債務としての「マイナスの財産」
  3. 純資産
    プラスの財産とマイナスの財産の差額(元手と儲けの蓄積)
  4. 収益
    会社の「稼ぎ方」(純資産を増加させる原因となる)
  5. 費用
    会社が稼ぐために「費やす財貨・用役」(原価・販売費及び一般管理費・支払利息・損失など)

会社の周りにある形のある物、形のない物、借りている物、会社で起こる出来事など、決算書に報告されるすべての事柄は、これら資産・負債・純資産・
収益・費用という5つの要素のいずれかに分類されます。

これら5つの要素の右側には、「お金の集め方」(調達)である負債・純資産・収益が表示され、左側には「お金の使い方」(運用)である資産と費用が表示されます。

5つの要素

左側の資産・費用を見れぱお金の使い方に無駄がないかをチェックできます。右側の負債・純資産・収益を見れば、会社のお金の集め方に無理がないかをチェックできます。

これら5つの要素は、決算書の大本となるものであり、見方を変えれぱ「調達」(お金の集め方)と「運用」(お金の使い方)の一覧表であるともいえます。

集めたお金(調運)と使っているお金(運用)は、いつの時点で見ても必ず同額になります。従って、上図の左右の合計金額は、必ず一致します。

~構成要素の例~

  1. 資産
    現金、預金、貸付けたお金、回収する権利のある売上代金、売れ残った商品、株券、前払した手付金、土地・設備・車両など。
  2. 負債
    支払う義務のある仕入代金、借入れたお金、前受けした手付金、支払う義務のある税金
  3. 純資産
    株主が出資した資本金、儲けのうち社内に留保した額
  4. 収益
    商品の売上代金、利息の受け取り、配当金の受け取り、土地を売却した儲け
  5. 費用
    売却目的の商品仕入、荷造運賃、従業員への給料、事務所の家賃、火災保険料、店鋪の固定資産税、広告宣伝費、電話代、電気代など

~決算書の大本は「資産・負債・純資産・収益・費用」~

会社で起こるすべての会計的な出来事(取引)は「仕訳」によリ帳簿記入されます。それらの帳簿の集計結果として作成・報告される書類が決算書です。

仕訳」とは、会社で起こる取引を一定のルールに従って記録する技術であり、仕訳の結果を現金出納帳や売上帳などの関連する帳簿に転記・集計する作業を「簿記」といいます。

簿記」とは、帳簿記入の略語であり、英語の「Book keeping」、すなわち帳簿(book)への日々の記帳(keeping)を意味しています。

仕訳すぺき会計的な取引とは、資産・負債・純資産・収益・費用の5つの勘定科目が、金額的に増減することをいいます。
会計的な取引には、必ず「原因」と「結果」の両面がありますので、会計帳簿は、二面(複式]でとらえて「棲式簿記」により仕訳します。複式簿記では、会計上の取引を原因と結果の二面でとらえるため、ひとつの取引について、必ず二つ以上の勘定科目が同時に増減します。

すべての取引は適切な勘定科目により仕訳され、帳簿記入されるとともに、勘定科目ごとの集計結果として、期末日の「資産・負債・純資産・収益・費用」が作成されまず。これらはすべての勘定科目の合計残高表であり、決算書の大本でもあります。

「資産・負債・純資産・収益・費用」を上下に分解することで決算書は作成されます。上半分が貸借対照表であり、下半分が損益計算書になります。

貸借対照表とは、プラスの財産(資産)、マイナスの財産(負債)、そして純資産をどれ程有しているかを表わす会社の「財産表」です。
損益計算書とは、収益と費用を一覧にした会社の「経営成縫表」です。

~関連記事~

決算書作成の流れ
決算書と計算書類と財務諸表


決算書の構成要素” への3件のコメント

  1. ピンバック: 決算書を読みこなすコツ | サクサクPC

  2. ピンバック: 決算書と計算書類と財務諸表 | サクサクPC

  3. ピンバック: 決算書作成の流れ | サクサクPC

コメントは受け付けていません。