【Windows7】再起動する度にデフォルトゲートウェイが消える

Windows7環境で、再起動する度に、ネットワーク接続できなくなる現象が出ることがあります。

DHCPを使っていない場合、デフォルトゲートウェイの設定が削除されていないか確認してみてください。デフォルトゲートウェイが削除されていれば、レジストリ設定が影響している可能性がありますので、以下の設定を試してみてください。

  1. デフォルトゲートウェイの確認方法
    スタートメニューより「コントロールパネル」を開き、「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。次に画面左側より「アダプターの設定の変更」をクリックし、「ローカルエリア接続」(ご使用環境により異なります)を右クリックしてプロパティを開きます。

    画面中央のリストで「インターネットプロトコルバージョン4」を選択し、右下の「プロパティ」を開きます。「IPアドレスを自動的に取得する」がチェックされていれば、そのパソコンはDHCPでネットワークに接続されていますので、この記事は関係ないでしょう。

    「次のIPアドレスを使う」がチェックされているとき、画面中央の「デフォルトゲートウェイ」が空欄になっていれば、レジストリに問題があるかもしれません。下記をごらんください。

  2. レジストリの設定方法
    レジストリエディタを起動し、

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\Tcpip\Parameters\Intaerfaces

    を開きます。英数字が羅列されたエントリが並んでいますが、その中のひとつが使用中のネットワークアダプタです。エントリをひとつずつ選択し、IPアドレスが一致するものを探してください。

    該当するエントリが見つかったら、その中の「DefaultGateway」と「DefaultGatewatMetric」の値を確認します。それぞれデフォルトゲートウェイの設定ですが、先頭に不要な改行が含まれていれば削除してください。削除できたら、レジストリエディタを閉じます。

    パソコンを再起動して、デフォルトゲートウェイが消えていなければOKです。

    *レジストリの変更を間違えると、パソコンが起動しなくなるなどの問題が出る恐れがあります。自己責任でお願いします。



~アウトドアショップはこちら~
ルナーソロ、ファイヤーボックスのマウンテンマンドットジェイピー