【Windows7】管理者共有を解除する方法

Windows7で管理者共有(C$)を解除する方法をご紹介します。

Windows7のデフォルトの設定では、管理者共有されている状態になっています。管理者共有とは、LAN経由でパソコンに接続にアクセスするとき、そのパソコンのドライブ名を指定すると、ドライブ全体が共有されているかのように参照・変更できる機能です。
ネットワークの管理者が、保守作業などで利用できるようになっています。

管理者共有は、通常のフォルダ共有とは異なり、「\\コンピュータ名\C$」のように明示的に指定しないと表示されません。また、通常のフォルダ共有を解除(共有しない)しても、管理者共有は解除されません。

管理者共有を解除したい場合、レジストリ設定を変更します。レジストリは、パソコンの動作に影響を与える可能性がありますので、変更する場合は十分に注意して行ってください。

  1. スタートメニューの検索欄に「regedit」と入力し、レジストリエディタを起動します。
  2. 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Lanmanserver\parameters」を開きます。
  3. 「AutoShareWks」を新規作成します(DWORD(32-bit)、値:0)。
  4. レジストリエディタを終了し、パソコンを再起動します。

~関連記事~
【Windows7】ファイル共有を解除する方法

【Windows7】管理者共有を解除する方法” への1件のコメント

  1. ピンバック: 【Windows7】ファイル共有を解除する方法 | サクサクPC

コメントは受け付けていません。