かな入力をローマ字入力に切り替える方法

パソコンを使っていると、「ローマ字入力」が「かな入力」に切り替わってしまうことがあります。そのような場合、元に戻す(かな入力をローマ字入力に切り替える)方法をご紹介します。

「Alt」キーを押しながら、「カタカナ」キーを押すことで、「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替えることができます。

 *「Alt」キーは、キーボード下側にあります。
 *「カタカナ」キーは、キーボード下側(スペースキーの右隣)にあります。「カタカナ」、「ひらがな」、「ローマ字」と表記されています。


ローマ字入力」とは、キーボードでアルファベットのキーを押すと、ローマ字変換される入力方法です。例えば、「A」のキーを入力すると、「あ」と表示されます。

かな入力」とは、キーボードでひらがなのキーを押すと、ひらがなが表示される入力方法です。例えば、「A」のキーを入力すると、「ち」と表示されます(「A」のキーには「ち」と併記)。

一般的には、ローマ字入力を使う方が多いようです。ローマ字入力は、使用するキーの数が少ない(A~Z)というメリットがありますが、キーを押す回数が多くなるというデメリットがあります。例えば、「か」を入力するためには「K」と「A」を押さなくてはなりません。

かな入力の場合、使用するキーが多く(あ~ん)なりますが、キーを押す回数は少なくなります。従って、慣れてしまえば「かな入力」の方が入力スピードが速くなります。