【Windows7】Googleの無料DNSを利用して高速化する方法

Googleが提供している無料のDNSサーバーを使用する方法をご紹介します。インターネット接続が高速化されます。

~DNSサーバーを変更して高速化する~

DNSサーバーとは、インターネット接続においてURLをIPアドレスに変換する役割を担っています。通常は、OCNなどのプロバイダが提供していたり、会社のパソコンであれば社内サーバーを使っていたりします。

*注意! 会社のパソコンの場合、勝手にDNSサーバーを変更すると社内ネットワークに接続できなくなることがありますので、ご注意ください。

また、プロバイダのDNSサーバーに不具合が発生した場合、代替え用としても使用できます。

*2013年8月23日23時頃、OCN回線が繋がらなくなる現象が発生しました。原因は、DNSサーバーの不具合によるものです。このような場合、DNSサーバーを変更することによってインターネット接続ができるようになります。

~Windows7の設定方法~

0824-1

画面左下のスタートメニューから、「コントロールパネル」をクリックします。

0824-2

「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

0824-3

「ローカルエリア接続」をクリックします。

0824-4

「プロパティ」をクリックします。

0824-5

「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリックします。

0824-6

「次のDNSサーバーのアドレスを使う」をクリックし、優先DNSサーバーに「8.8.8.8」、代替DNSサーバーを「8.8.4.4」を設定し、「OK」ボタンをクリックします。