【Windows】Windowsキーを無効にする方法

Windowsキーを使用すると、デスクトップの表示など様々なショートカットキーを使用できます。

ショートカットキーは慣れると便利なのですが、今回はWindowsキーを無効にする方法をご紹介します。

というのも、先日、友人から質問があったのですが、その内容はメールの本文を入力中に突然ウィンドウが最小化されてしまう、というものでした。

実際に入力しているところを見てみると、どうやらキーボードの入力中に知らず知らずのうちにWindowsキーを押してしまい、「D」や「M]を押したときにデスクトップが表示されているようでした。

相談した結果、Windowsキーは使っていないということでしたので、Windowsキー自体を無効化することにしました。WindowsXP、Vista、Windows7では、レジストリを変更することにより、Windowsキーを無効にできます。

ここでは、MicroSoftが公開しているFix itツールを使う方法をご紹介します。下記ページに公開されているFix itツールを実行してください。無効化と有効化の2種類があります。

Windowsキーを無効化と有効化

実行後、パソコンを再起動すると、Windowsキーが無効化されています。