【Excel】文字列を数値にする(前ゼロを外す)方法

Excelのシート上に文字列として数字があるとき、数値データに変換する方法をご紹介します。

A1~A3セルに文字が入っているとします。

サンプル

A1からA3まで、文字コードが入っています。

ここでは、3つの方法をご紹介します。

  1. 「1」で乗算する。
    B1セルに「=A1*1」と式を入力し、B3セルまでコピーペーストします。1を掛けることで、元の値はそのままに数値とすることができます。
    例1

    1を乗算することによって、数値に変換します。

  2. 「形式を選択して貼り付け」する。
    B1セルに「1」を入力し、コピー(Ctrl+C)します。次に、A1セルからA3セルを選択した状態で、右クリックメニューから「形式を選択して貼り付け」を選択します。

    「演算」を選択し、「OK」ボタンを押すと、A1~A3セルに「1」が乗算され、結果が数値になります。

    例2

    「形式を選択して貼り付け」で数値化します。

  3. 「区切り位置」ウィザードを使う。
    A列を選択し、メニューから「データ-区切り位置」を選択します。区切り位置ウィザードが始まりますが、そのまま完了します。区切り位置ウィザードは、数字が入っているセルはデフォルトで数値に変換しますので、対象範囲が数値化されます。

    ただし、セルのデータにカンマなどが入っている場合、区切り位置と見なされてデータが分割される可能性がありますので、注意が必要です。

    例3

    「区切り位置」ウィザードを使用します。