【Excel2010】ショートカットキーでリボンを使いこなす

Excel2010では、従来のメニューに替わって「リボン」に各種機能がまとめられています。ショートカットキーを使うと、キーボードから手を放さずに細かい機能が使えるので便利です。

  • サンプルとして、セルのデータをコピーペーストしてみます。
    「Ctrl+C」を押して任意のセルをコピーし、「Ctrl+V」で貼付できますが、ここではリボンの機能をショートカットキーで呼び出してみます。画像は、Excel2010ですが、Word2010でも同じです。

    Excel2010

  • まず、「Alt」キーを押します。すると、リボン上に数字やアルファベットが表示されます。該当するキーを押すと、その機能が選択されます。貼付は、「ホーム」タブにありますので、「H」キーを押します。

    Excel2010

  • 「ホーム」タブが選択された状態になり、「ホーム」タブ内の各機能に数字やアルファベットが表示されます。「V」キーを押します。ちなみに、「ESC」キーを押すと、タブ選択の状態に戻ります。

    Excel2010

  • 貼付のパターンが表示され、各機能には数字やアルファベットが表示されます。「V」キーを押すと、値を貼付になります。

    Excel2010

慣れてくると、マウスを使わなくてもリボンを使いこなせるようになります。最初のうちは使いづらいですが、よく使う機能から使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA