【Excel】知っていると便利なショートカット一覧(数字キー編)

Excelを使うとき、知っていると便利なショートカット一覧をご紹介します。今回は、数字キー編です。

合わせて下記の記事もご覧ください。
ファンクション編
特殊キー編
英字キー編

    Ctrl+1 「セルの書式設定」を開く。
    Ctrl+Shift+1 桁区切りの表示形式を設定する。
    Ctrl+2 太字設定を切り替える。
    Ctrl+Shift+2 1つ上のセルの数式を、アクティブセルまたは数式バーにコピーする。
    Ctrl+3 斜体設定を切り替える。
    Ctrl+Shift+3 表示形式を日付表示にする。
    Ctrl+4 下線設定を切り替える。
    Ctrl+Shift+4 表示形式を通貨表示にする。
    Ctrl+5 取消線設定を切り替える。
    Ctrl+Shift+5 表示形式をパーセンテージにする。
    Ctrl+6 オブジェクトの表示・非表示を切り替える。
    Ctrl+Shift+6 外枠の罫線を設定する。
    Ctrl+7 ツールバーの表示・非表示を切り替える。
    Ctrl+Shift+7 1つ上のセルの数式を、アクティブセルまたは数式バーにコピーする。
    Ctrl+9 行を「表示しない」にする。
    Ctrl+Shift+9 非表示の行を表示する。
    Ctrl+0 列を「表示しない」にする。
    Ctrl+Shift+0 非表示の列を表示する。
    Ctrl+^ 表示形式を指数表示にする。
    Ctrl+@ 表示形式を時間表示にする。
    Ctrl+; 現在の日付を入力する。
    Ctrl+: 現在の時刻を入力する。
    Ctrl+Shift+@ セルの数式と計算結果の表示を切り替える。
    Ctrl+Shift+\(_) 外側の罫線を削除する。
    Ctrl+\(¥) アクティブセルと同じ行の右側の選択セルから、アクティブセルと異なる内容のセルを選択する。
    Ctrl+Shift+\(¥) アクティブセルと同じ行の下側の選択セルから、アクティブセルと異なる内容のセルを選択する。