【Excel】知っていると便利なショートカット一覧(特殊キー編)

Excelを使うとき、知っていると便利なショートカット一覧をご紹介します。今回は、特殊キー編です。

合わせて下記の記事もご覧ください。
ファンクションキー編
数字キー編
英字キー編

    Shift+Enter オプションで指定した入力後の移動方向とは反対方向に移動する。
    Ctrl+Enter 選択したセル範囲にアクティブセルと同じ値を入力する。
    Alt+Enter セル編集中の場合、セル内で改行する。
    セル編集中以外の場合、直前の操作を繰り返す(F4と同じ)。
    Ctrl+Shift+Enter 数式を配列数式として入力する。
    HOME 行の先頭に移動する。
    Shift+HOME 選択範囲を行の先頭まで拡張する。
    Ctrl+HOME ワークシートの先頭に移動する。
    Ctrl+Shift+HOME 選択範囲をワークシートの先頭のセルまで拡張する。
    Ctrl+END データが入力されている範囲の右下のセルに移動する。
    Ctrl+Shift+END 選択範囲をデータが入力されている範囲の右下隅のセルまで拡張する。
    PageUp 1画面上にスクロールする。
    Shift+PageUp 選択範囲を1画面上まで広げる。
    Ctrl+PageUp ブック内の前のシートをアクティブにする。
    Alt+PageUp 1画面左にスクロールする。
    Ctrl+Shift+PageUp ブックの現在のシートと前のシートを選択する。
    PageDown 1画面下にスクロールする。
    Shift+PageDown 選択範囲を1画面下まで広げる。
    Ctrl+PageDown ブック内の次のシートをアクティブにする。
    Alt+PageDown 1画面右にスクロールする。
    Ctrl+Shift+PageDown ブックの現在のシートと次のシートを選択する。
    Shift+Backspace 範囲の選択を解除し、アクティブ セルだけを選択する。
    Ctrl+Backspace アクティブ セルが表示されるまでスクロールする。
    Alt+Backspace 前回の処理を取り消す。
    Shift+Insert 貼付(ペースト)を行う。
    Ctrl+Insert 複写(コピー)を行う。
    Shift+Delete 切り取り(カット)を行う。
    Ctrl+Delete セル内で、行末までの文字を削除する。
    Shift+↑↓→← 選択範囲を拡張する。
    Ctrl+↑↓→← データ範囲の先頭行、末尾行、左端列、または右端列に移動する。
    Alt+↓ オートコンプリートの一覧を表示する
    Ctrl+Alt+→← 隣接しない複数の選択範囲間を左右方向に移動する。
    Ctrl+Shift+↑↓→← データが入力されている範囲の先頭行、末尾行、左端列、または右端列まで選択範囲を拡張する。
    Alt+Shift+→← 選択したピボットテーブルのアイテムをグループ化・グループ化解除
    Alt+Shift+↑ ふりがなを表示している日本語の文字列で、ポインタをふりがなに移動する。
    Alt+Shift+↓ ポインタをふりがなから親文字に戻す。
    Ctrl+Shift+,(カンマ) 選択範囲内で下方向のセルにコピーする。
    Ctrl+.(ピリオド) 選択範囲内の四隅を右回りで移動する。
    Ctrl+Shift+.(ピリオド) 選択範囲内で右方向のセルにコピーする。
    Ctrl+;(セミコロン) 現在の日付を入力する。
    Alt+;(セミコロン) 選択範囲で非表示でないセルを選択する。
    Ctrl+Shift+;(セミコロン) 空白セルを挿入する。
    Ctrl+:(コロン) 現在の時刻を入力する。
    Ctrl+Shift+:(コロン) アクティブセル領域を選択する。
    Ctrl+[ 選択範囲の数式が直接参照するセルを選択する。
    Ctrl+Shift+[ 選択範囲の数式が直接または間接的に参照するすべてのセルを選択する。
    Ctrl+] 選択範囲のセルを直接参照する数式が入力されたセルを選択する。
    Ctrl+Shift+] 選択範囲のセルを直接または間接的に参照する数式が入力されたすべてのセルを選択する。
    Ctrl+/ アクティブ セルを含む配列全体を選択する。
    Ctrl+- 選択範囲のセルを削除する。
    Alt+Shift+- Sum関数を挿入する。
    Shift+TAB セルの入力を確定し、選択範囲内で左に移動する。
    Ctrl+TAB 次のブックまたはウィンドウに移動する。
    Ctrl+Alt+TAB セル書式の横位置を「左詰(インデント)」にし、押すごとにインデント数を+1する
    Ctrl+Shift+TAB 前のブックまたはウィンドウに移動する。
    Ctrl+Alt+Shift+TAB 押すごとにインデント数を-1する
    Ctrl+ESC スタートメニューを表示する。
    Shift+Space 選択範囲を行全体に拡張する。
    Ctrl+Space 選択範囲を列全体に拡張する。
    Alt+Space タイトルバーのメニューを表示する。
    Ctrl+Shift+Space オブジェクトが 1 つ選択されているとき、シートにあるすべてのオブジェクトを選択する。