【Excel】ExcelでSQL文を編集する小技

定期的にSQL文を実行したり、大量のデータをまとめてUPDATEINSERTするような場合、Excelを使うと便利です。

  1. 条件を変えてSELECTする。
    A2セルとA3セルに年月が入力されているとき、他のセルに
    ="SELECT * FROM T1 WHERE date between " & A2 & " and " & A3
    と入力します。Where句の検索条件を変えたい場合、A2セルとA3セルに入力することでSQLに反映されます。これをコピーして、データベースの管理ツール(SQLServer Management Studioなど)で実行します。
    SELECT

    セルに入力した内容を、Where句に反映するようにします。SELECT文が長くなった場合に便利です。

  2. Excel上のデータを元にUPDATEする。
    A列にキー、B列に更新用のデータが入力されている場合、
    ="UPDATE T1 SET DATE=" & B2 & " WHERE ID='" & A2 & "';"
    のように入力すると、セルのデータを利用してUPDATE文を作ることができます。複数の更新データがある場合は、行を増やしていけばUPDATE文を作れます。
    複数のUPDATEをコピーして、データベースの管理ツール(SQLServer Management Studioなど)で実行すると、大量のデータを一括で更新することができます。
    INSERT文でも同様です。

    特に更新処理の場合、SQL文を間違えていると、データを破壊してしまう恐れがあります。実行前にテストを徹底しましょう。

    UPDATE

    シートのデータを元に、複数のUPDATEを実行します。