【Excel】COUNT関数の使い方

COUNT関数は、数値データの数を集計する関数です。

  • COUNT関数の使い方
    データ数を求めたいセル範囲を指定します。
    =COUNT(範囲)
  • 使い方の例
    下記のようなデータがあった場合、A1セルに「=COUNT(A2:A8)」と入力すると、「4」を返します。データ数は7個ですが、文字や論理値(TRUE、FALSE)が入っているセルは無視されます。
    COUNT関数の例

    COUNT関数の例

  • 文字が入っているセルも集計する場合
    上記の例で、A1セルに「=COUNTA(A2:A8)」と入力すると、「7」を返します。数値や文字、論理値が混在していても、すべて集計することができます。
  • 空白セルのみ集計する場合
    ひとつめの例で、A1セルに「=COUNTBLANK(A2:A8)」と入力すると、「0」を返します。セルに値が入っていない場合や、「=””」のように長さがゼロの文字のとき、集計されます。試しに、A2セルのデータをDelキーで削除してみてください。A1セルの結果が「1」になります。

    セルの値が「=” “」のように空白文字の場合、文字と見なされますので、COUNTBLANK関数では集計されません。