【Excel】Rounddown関数の使い方

ROUNDDOWN関数は、数値の切捨てを行う関数です。切上げを行いたい場合は、ROUNDUP関数、四捨五入したい場合は、ROUND関数を使用します。

  • 使い方の例
    切捨てを行いたい数値と、切捨てを行う位置を指定します。
     =ROUNDDOWN(元の数値,桁数)

    例えば、A1セルの値の小数点以下を切捨てたい場合は、
     =ROUNDDOWN(A1,0)
    と入力します。

  • 桁数の指定
    桁数の指定によって下記のように動作します。

    数式 結果 内容
    =ROUNDDOWN(12.34,1) 12.3 小数点以下第2位で切捨て
    =ROUNDDOWN(12.34,0) 12 小数点以下第1位を切捨て(小数点以下を表示しない)
    =ROUNDDOWN(12.34,-1) 10 1の位を切捨て