【Excel】文字列中の空白を全て削除する方法

文字列中に含まれている空白(スペース)を全て削除したい場合、SUBSTITUTE関数を使用することができます。

A1セルに空白を削除したい文字列が入っている場合、

=SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(A1," ","")," ","")

のようにSUBSTITUTE関数を使用することで、文字列中の空白(スペース)を全て削除できます。全角スペース、半角スペースともに削除します。

このサンプルでは、SUBSTITUTE関数を2回使っています。内側のSUBSTITUTE関数で「” “」(半角スペース)を削除(「””」に変換)し、外側のSUBSTITUTE関数で「” ”」(全角スペース)を削除(「””」に変換)しています。

これを応用すると、複数の単語を置換するような式にすることも可能です。