【Excel】LEFT関数の使い方

LEFT関数を使うと、文字列の左端から指定した文字数分を取得できます。

右端から文字を取得する場合、RIGHT関数を使います。RIGHT関数を使うと、数値に前ゼロを付加することもできます。

  • LEFT関数の使い方
    文字列と文字数を指定します。文字列の左端から、指定した文字数分の文字列を返します。文字数が1のときは、省略することができます。
    =LEFT(文字列,文字数)
  • 使い方の例
    A1セルに「ABCDE」が入っていた場合、
    =LEFT(A1,3)
    は「ABC」を返します。