【Excel】LEN関数、LENB関数の使い方

LEN関数を使うと、文字列の長さを取得できます。文字列のバイト数を取得したい場合は、LENB関数を使用します。これを応用すると、全角文字半角文字が混在しているかチェックすることもできます。

  • LEN関数の使い方
    文字列を指定すると、文字数を返します。
    =LEN(文字列)
  • LENB関数の使い方
    文字列を指定すると、バイト数を返します。
    =LENB(文字列)

    通常、全角文字(漢字や「あ」など)は2バイト、半角文字(「ア」や「A」など)は1バイトとなります。

  • 変換例
    単位は、下記のように指定します。

    A1セルの文字列 「=LEN(A1)」の結果 「=LENB(A1)」の結果
    あいうえお 5 10
    あいウエオ 5 7
    相上尾 3 6
  • 使い方の例
    例えば、A1セルの文字列が全て全角文字か調べたい場合、下記のようにします。全角文字は、1文字につき2バイトになります。ですので、LENB関数の結果を2で割った数とLEN関数の結果を比較し、同じ数ならすべて全角文字と判断するわけです。

    =IF(LEN(A1)=LENB(A1)/2,"全角文字","それ以外")

    すべて半角文字かどうかを判断する場合、下記のようにします。半角文字は1文字につき1バイトですので、LEN関数とLENB関数の結果が同じなら全て半角文字となります。

    =IF(LEN(A1)=LENB(A1),"半角文字","それ以外")