【Excel】Excel2007とExcel2010の違いをまとめました。

Excel2007とExcel2010の違いをまとめました。詳細はMicrosoftサイトで詳しい解説が公開されていますが、少し読みづらいと思うので、簡単にまとめています。

よくわかる Excel 2010 基礎 データCD-ROM付
追加された機能

  • スパークライン
    スパークラインは、セルの中に折れ線グラフや縦棒グラフを表示する機能です。細かい範囲をグラフ化できるので、データの傾向がわかりやすくなります。
  • スライサー
    スライサーは、ピボットテーブルのデータにフィルタをかける機能です。特定の条件でピボットテーブルのデータを処理できるようになります。
    スパークライン、スライサーの詳細については、他の記事もご覧ください。

変更された機能

  • グラフの要素のマクロの記録のサポート
    Excel2007では、グラフの書式設定中にマクロを記録しても、マクロ コードが生成されませんでした。Excel2010 では、マクロ記録を使用してグラフや他のオブジェクトの書式変更を記録できるようになりました。マクロ記録したコードをユーザーに配布することで、書式設定を標準化することもできます。
  • SmartArt
    SmartArtは、Excel2007から登場したグラフィックツールで、組織図やリストを簡単に作ることができます。Excel2010では、新たに図形やコントロールなどもSmartArtに変更されています。古いバージョンのExcelで作成した図形は、Excel2010のSmartArtで作成した図形とグループ化できないことがあります。また、古いバージョンの図形が新しいバージョンの図形の上に描画されるため、新しいバージョンの図形が隠れて見えなくなることもあります。
  • クリップ アート
    「探す場所」が使用できなくなりました。検索を絞り込むためには、「検索」で複数の単語を指定します。

削除された機能

  • 条件付き合計式ウィザード
    条件付き合計式ウィザードは、指定した条件を満たす値の合計を計算する数式を作成するものですが、Excel2010では削除されました。この機能は、関数ウィザードに置き換えられています。
  • ルックアップ ウィザード
    ルックアップウィザードは、複数の値を検索して行と列が交差する位置にある値を見つける数式を作成するものですが、Excel 2010では削除されました。この機能は、関数ウィザードに置き換えられています。
  • 操作タグ
    操作タグは、セルを選択したとき、またはセルの上にマウスカーソルを移動したときに、ワークシート上に操作タグアイコン(紫の三角形) が表示されるものでしたが、Excel2010では削除されました。
    代わりに、セルを右クリックし、メニューの「追加のセル操作」をクリックすると、セルの内容に関連付けられている操作を表示できます。「追加のセル操作」はデフォルトでは無効となっています。有効にするには、「ファイル」タブ-「オプション」-「文章校正」-「オートコレクトのオプション」を選択し、「操作」タブで有効に設定します。
  • クリップオーガナイザー
    クリップオーガナイザーは、ハードディスク上に保存されているクリップアートなどのメディアを整理するツールです。Excel2010では、「クリップ アート」から直接クリップオーガナイザーを開くことはできなくなりました。クリップオーガナイザーを使用するときは、「スタート」メニューから、「すべてのプログラム-Microsoft Office-Microsoft Office 2010 ツール-Microsoft クリップ オーガナイザーを選択します。
よくわかる Excel 2010 基礎 データCD-ROM付