【Excel2007】Excel2007をとにかく高速化する方法

Excel2007のオプションを変更して、とにかく高速化する方法をご紹介します。


シートの設計や、計算方法の改善など、テクニカルな話題については、下記リンクをご覧ください。
Excel 2007 におけるパフォーマンスの改善

この記事では、オプション設定のみで高速化が期待できるものをご紹介します。ただし、ご利用環境により、それほど高速化されないものもあれば、体感できるほど高速化されることもあります。

また、便利さと高速性は反比例することが多いので、高速化される半面、便利な機能が使えなくなることもあります。そのあたりは、利用される方がご判断ください。

「とにかく高速化したい!」という方は、下記のオプション設定を試してみてください。

まず、Excel2007のオプション画面を開きます。

オフィスボタン

左上のオフィスボタンをクリックします。「ALT+F」でもOKです。

メニュー右下にあるオプションを開きます。

Excelのオプション

「Excelのオプション」をクリックします。

画面左の一覧から基本設定を選択し、下記画面のチェックを外します。

基本設定

赤枠の部分のチェックを外します。

画面左の一覧から数式を選択し、下記画面のチェックを外します。計算を手動にした場合、数式の結果が更新されるタイミングが変わりますので、ご注意ください。

数式

ブックの計算を手動にした場合、数式の結果が古いままになることがあります。心配なら、自動のままにしてください。

画面左の一覧から文章校正を選択し、下記画面のチェックを外します。

文章校正

「オートコレクトのオプション」をクリックすると、別ウィンドウが開きます。

オートコレクト

「オートコレクト」タブを選択し、赤枠のチェックを全て外します。

入力オートフォーマット

「入力オートフォーマット」タブを選択し、赤枠のチェックを外します。

画面左の一覧から詳細設定を選択し、下記画面のチェックを外します。

詳細設定

詳細設定2

詳細設定3