【Excelの関数】ISERRの使い方

ISERR関数は、セルの結果がエラーであるかどうかを判断します。ISERROR関数と良く似ていますが、ISERR関数は「#N/A」の場合はエラーと判断しない点が異なります。

  • ISERR関数とは
    Excelで式や関数を使っていると、セルの値が「#DIV/0!」などのエラーになることがあります。ISERR関数は、セルの結果がエラーかどうかを判断できます。エラーならTRUE、エラーでなければFALSEを返します。これをIF文と組み合わせると、セルの結果が「#DIV/0!」のときは、「ゼロ除算です」と日本語で表示するというように使えます。そうすると、エラーの内容が少しわかりやすくなりますね。
  • 使い方の例
    会社で印刷する資料の場合、Excelのエラーが表示されていると見栄えが悪くなります。そのような場合は、適切な日本語に置き換えるか、エラー表示そのものを消した方がいいかもしれません。

    たとえば、
     =A1/B1
    という式が入っているセルがあったとします。A1セルとA2セルには、好きな値をいれてください。このとき、B1セルの値がゼロや空白だと、「#DIV/0!」というエラーになります。これは、いわゆる「ゼロ除算」というエラーで、割り算(除算)で割る数がゼロのときに起こります。ちなみに、電卓でもゼロ除算はエラーになります。

    ここでISERR関数を使ってみましょう。
     =ISERR(A1/B1)
    のようにすると、計算結果(A1/B1)がエラーならTRUE、エラーでなければFALSEが表示されます。

    これをIF文と組み合わせると、
     =IF(ISERR(A1/B1),”エラーです”,A1/B1)
    のようになります。ここでは、ゼロ除算が出たら「エラーです」と日本語で表示するようにしました。ISERR関数で判別できるエラーはゼロ除算以外にも何種類かありますので(後述)、日本語の表示を「ゼロ除算」などに限定してしまうと不都合が出るかもしれません。

    また、「=IF(ISERR(A1/B1),””,A1/B1)」のようにすると、エラーのときは何も表示しないことも可能です。これも、無視して良いエラーかどうかはケースバイケースですので、作成された資料ごとに検討してください。

  • ISERR関数で判別できるエラー
    #VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME?、#NULL!
     *「#N/A」はエラーとならず、そのまま表示されます。「#N/A」もエラーとして判断したい場合は、ISERROR関数を使ってください。
     *「#N/A」のみを判別したい場合は、ISNA関数を使ってください。