【Windows7】ブラウザを高速化する方法

Windows7では、デフォルトでIPv6に対応しています。このため、Windows7は最初にIPv6でサービスへの接続を試み、接続できなければIPv4で接続することになります。2011年時点では、ほとんどのサービスがIPv6に対応していないため、速度低下につながっています。

もし「フレッツ光ネクスト」などのIPv6対応のサービスを使っていないなら、IPv6を無効化しておくと、高速化できることがあります。ネット接続の速度が気になる方は、試してみてください。

  • デスクトップかスタートメニューから、コントロールパネルを開きます。
  • 「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。
  • 「アクティブなネットワークの表示」の右側にある「接続」欄の右に「ローカルエリア接続」または「ワイヤレスネットワーク接続」と表示されるので、これをクリックします。
  • 「プロパティ」ボタンをクリックします。
  • 「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」をクリックし、チェックを外します。
  • パソコンを再起動します。