Windows8のアプリケーション互換性のポイントまとめ

2012年に発売されたWindows8は、Windows7のカーネルをベースとしています。このため、デスクトップアプリの互換性は高いと言われています。しかし、WindowsXP以前のバージョンはどうでしょうか? 今回の記事では、Windows8の互換性についてまとめてみました。

  1. 互換性への取り組み
  2. 互換性情報サイトとホワイトペーパーのリンク集
  3. デスクトップアプリケーションの移行
  4. 互換モードと互換タブ
  5. デスクトップアプリケーションの互換性検証支援ツール
  6. Windows8デフォルトの.Net
  7. VisualBasic6.0のランタイムサポート
  8. 仮想化
  1. 互換性への取り組み

    • Windows互換センター
      • ソフトウェア・デバイスのWindows8やWindows7との互換性を確認できるサイト。
        Windows互換センター
    • Windows8アップグレードアシスタント
      • パソコンがWindows8のシステム要件を満たしているかどうか、確認できる。
      • パソコンにインストールされているアプリケーションやデバイスがWindows8と互換性があるかどうか、確認できる。
  2. 互換性情報サイトとホワイトペーパーのリンク集

    Windows互換センター
    TechNetライブラリ-Windows8
    Windowsデベロッパーセンター
    InternetExplorerデベロッパーセンター
    Windows8とWindowsServer2012の互換性クックブック
    Internet7からInternet8へのアプリケーション移行のポイント
    Download Windows8 Enterprise evaluation
    Windows8用Windowsアセスメント&デプロイメントキット(ADK)
    InternetExplorer10調査報告書(パートナーサイト)
    Office2013での互換性
    ドキュメントレイアウトの互換性について
    マクロ互換性について
    Office365 ProPlus/Office2013の展開
    Office2013展開ガイド
    Officeテレメトリダッシュボード
    Office2013 IT管理者向けリソース

  3. デスクトップアプリケーションの移行

    • WindowsXPからWindows7またはWindows8への移行
      • 移行の進め方は、Windows7とWindows8で大きな違いはありません。特に、ユーザーアカウント制御(UAC)、フォルダ構造の違いなどに注意が必要です。
      • Windows7対応は、Windows8対応への最短ルートです。
    • Windows7からWindows8への移行
      • Windows7で動作するほとんどのデスクトップアプリケーションは、Windows8でも動作します。
  4. 互換モードと互換タブ

    • Windows互換テクノロジの提供
      • 互換モード
        互換モードでは、以前のバージョンのWindowsの設定でプログラムを実行できます。Windowsが持つ互換性フィックスのいくつかをパッケージ化したものです。
        実行ファイルのプロパティで設定でき、Windows7、WindowsVista、WindowsXPなどのOSが指定できます。
      • 互換性タブ
        アプリケーションが、Windows8で正しく動作しないとき、手動で互換性設定を選択できます。
        実行ファイルのプロパティで、「互換性」タブを選択します。互換モード、画面設定、特権レベルが指定できます。
  5. デスクトップアプリケーションの互換性検証支援ツール

    • Application Compatibility Toolkit(ACT)
      • Windowsアセスメント&デプロイメントツールキット(WindowsADK)のコンポーネントとして提供されます。
      • ユーザーアカウント制御(UAC)による影響を検証します。
      • OSバージョンの違いに起因する問題の検証と対策を提示します。
  6. Windows8デフォルトの.Net

    • デフォルトでは、.NET Framework4.5のみが有効です。
      • 既存の.Netアプリケーションとの互換性を保つには、.Net Framework3.5の追加インストールが必要です。
      • 追加インストール時に通常はWindowsUpdateを利用します。
    • 対応方法
      • OS展開時のイメージをあらかじめカスタマイズすることで対応します。
      • WSUSを利用して管理します。
      • アプリケーションを.Net Framework4.5に対応させます。
  7. VisualBasic6.0のランタイムサポート

    • VisualBasic6.0ランタイムは、Windows8でもサポートされています。
    • Windows8はVisualBasic6.0ランタイムを包含しています。
      • VisualBasic6.0IDEも包含し、主要なコントロールやライブラリもサポートしています。
      • 32bitランタイムのみを提供しています。
      • 64bitOSでは、WOW64を経由して実行します。
    • サードパーティ製ライブラリは、サポートしていません。
  8. 仮想化

    • Windows8用のMicrosoft Enterprise Desktop Virtualization(MED-V)およびWindowsXP Modeは提供されません。
    • Windows8で利用可能な仮想化テクノロジー
      • クライアントHyper-V
      • Virtual Desktop Infrastructure(VDI)