プロの心構えとは

プロフェッショナルとは

  • アマは、仕事以外に生き甲斐を持つ人。
    プロは、仕事そのものに生き甲斐を持つ人。
  • アマは、他人の評価に左右される。
    プロは、他人の意見は聴くが、自分で判断を下す。
  • アマの領域では、どんなに上手にできても、それは単なる模倣に過ぎない。
    こだわりが無ければプロとは言えない。
  • アマは、これがあるから出来ないと思う。
    プロは、これさえ解決すれば出来ると考える。
  • アマは、いつもやり直しが効くと思う。
    プロは、いつもこれが最後だという一期一会の精神で臨む。
  • アマは、途中であきらめ投げ出す。
    プロは、あきらめを知らず、最後まで喰らいついて離れない。
  • アマは、自分で出来るだけで満足する。
    しかし、人に教えられて、初めてプロと言える。
  • アマは、見逃すことが多いが
    プロは、何をやっても仕事に結びつけて考える。
  • アマは変化が来た時、ダメだと思う。
    プロは変化が来た時、チャンスだと捉える。
  • アマは、マイナスが来ると、それに輪をかけて、更にマイナスにしてしまう。
    マイナスをプラスに変化できる人をプロと呼ぶ。
  • プロは、何よりもその仕事が大好きである。しかし、好きなるがゆえに苦しみも倍加する。
    プロは、その苦しみを乗り越え、向上し続けることに限りない生き甲斐を感じている。
  • プロは、誰よりも豊富な知識と経験を持つ。
    しかも、それは与えられたものではなく、自分の努力で獲得したものである。
  • その専門分野について、プロは多くの事例を持つ。
    少なくとも、一つのテーマについて、200以上の事例を集めよ。
  • 少なくとも、プロになろうと思うなら、3年間全力投球してみよ。
    それがダメだったら、そこで初めて諦めよ。
    それまでは、一分間たりともわき見をするな。
  • 本物のプロになりたいと思う、誰よりも強い執念を持つこと。
  • 感覚を絶えず磨き続けよ。勘が狂えばプロではない。
  • 毎朝、新聞をよく読め。そこには、プロとして必要な99%の知識と話題、
    そして考えるためのヒントがいっぱいある。
  • プロは、どんな些細なことにも、常に全力を奮って立ち向かう。
  • プロは、理論武装を怠らない。
  • プロは、決断が早く、チャンスを決して逃さない。
  • プロは、障害を認めない。従って、どのような障害があっても、求める必要な結果を必ず達成できる。
  • プロは、もうこれで良いという限界を知らない。なぜならプロは見果てぬ夢を追い続けるロマンチストだから。
  • プロは、どこへ行っても銭をとれる実力がある。
  • プロには休息がない。しかし、ゆとりは充分にある。
  • プロには慣れはない。常に初心である。初心を忘れ奢るとき、堕落が始まる。
  • プロとは、常に現状における自己否定を繰り返し自己変革を続ける人である。
    従って、3カ月経って何の変化もなければすでにプロではない。
  • プロは、ひたすら飽くことを知らず基本を繰り返す。
    創造とは、繰り返しの中から生まれることを知っているからだ。
  • プロとはマンネリの克服法を知っている。なぜなら、自分で脱却するしか方法がないことと、
    自分に対する甘えから生まれることを知っているからだ。
  • プロは、最大の敵が自分であることを知っている。
  • プロは、孤独である。誰の助けも期待しない。
  • プロは、言い訳をしない人である。言い訳とは、責任を自分以外の原因に転嫁させることだ。
  • プロとはいかなる時にも、決して弱味を見せない人である。
  • 逆境は、最大の教育の場。困難を自ら創りだし、それに挑戦する気力のない者には、チャンスもない。
  • プロは、どのように仕事をしたかではなく、どのような仕事をしたかによって評価される。
  • 与えられた条件の中で、必要な数字を確実に出す人をプロと呼ぶ。
  • プロは、最終的に数字で評価され、経済的報酬に差がつく。