【WindowsXP】SP2でリモートデスクトップ接続ができない場合

WindowsXP SP1からSP2以上へ上げた際、リモートデスクトップ接続できなくなることがあります。これは、SP1ではデフォルトで接続できる設定だったものが、SP2以上ではデフォルトでは接続不可となっているためです。

この場合、下記の方法でリモートデスクトップ接続することができます。

  • 「マイコンピュータ」のプロパティ
    「マイ コンピュータ」を右クリックして、メニューから「管理」をクリックします。「システムのプロパティ」画面で「リモート」タブを選択し、「リモート デスクトップ-このコンピュータにユーザーがリモートで接続することを許可する」にチェックします。

この方法でもリモート デスクトップ接続ができない場合、下記を試してみてください。

  • ファイアウォールの設定 その1
    スタートメニューから「コントロールパネル」を開き、「Windowsファイアウォール」を開きます。「詳細設定」タブを選択し、「ネットワーク接続の設定」-「設定」ボタンをクリックします。「詳細設定」画面で「サービス」タブの「リモート デスクトップ」をチェックします。
  • ファイアウォールの設定 その2
    「Windowsファイアウォール」の「例外」タブを選択し、「ファイルとプリンタの共有」にチェックを入れます。「詳細設定」タブを選択し、「ICMP」-「設定」ボタンをクリックします。「ICMP設定」画面で、「エコー要求の着信を許可する」をクリックします。